相模原市:青根緑の休暇村 いやしの湯

外部ページURL

神奈川県相模原市緑区にある『青根緑の休暇村 いやしの湯』
道志川で川遊びやキャンプで遊んだ時にはぜひ立ち寄っていただきたい。どこか懐かしい大浴場にきっと癒やされるはず。

さて今回は、神奈川県相模原市緑区にある『青根緑の休暇村 いやしの湯』へやってきました。

場所は神奈川県の青山をスタート地点として、終点は山梨県の山中湖まで通っている国道413号線、通称『道志みち』の青山側の付近にあります。

また施設が建っている場所は、道志みちから国道20号線への抜け道沿いにあるので、けっこう便利な所にあります。

確かに抜け道で便利だけど狭い箇所もあるので気を付けて!
みみ
みみ
ゆずかれ
ゆずかれ
この抜け道沿いには日帰り温泉『藤野やまなみ温泉』もありますよ!

温泉情報

  • 住所:神奈川県相模原市緑区青根807−2
  • 電話番号:042-787-2288
  • 基本料金:[3時間]大人700円 小人400円 [1日]大人1000円 小人600円
  • 営業時間:[3~12月]10:00~21:00 [1~2月]10:00~20:00
  • 休業日:毎週火曜日
  • 食事処:ある サウナ:ある 露天風呂:ある
  • レンタル・販売タオル:販売のみ 岩盤浴:なし

泉質・ph

  • アルカリ性単純温泉
  • ph8.7

クーポン・割引情報

  • この温泉は「JAF会員割引」はありません
  • この温泉は「nifty温泉クーポン」はありません

割引とクーポンの併用は不可能な施設もあります。詳しくお店にお尋ね下さい。

『青根緑の休暇村』入り口

国道413号線『道志みち』の青根交差点から県道76号線へ入って、しばらく進んで行くと『いやしの湯』の看板が見えてきます。

青根の休暇村とは

青根の休暇村には温泉施設である『いやしの湯』の他に

  • テニスコート
  • キャンプ場・コテージ
  • 宿泊施設
  • バーベキュー施設
  • 合唱館

なども併設されている施設で、夏はキャンプや川遊びでかなり賑わう場所なんです。

ゆずかれ
ゆずかれ
実は私も子供の頃、よく川遊びをしに来てました。
温泉に入った記憶は無いんだよなー、多分入ってると思うんだけどなー。
みみ
みみ

という訳で20年ぶりの再訪となります。

県道76号線の看板のあった場所から、坂を一気に降ると歓迎看板が現れます。

右に『いやしの湯』があって、このまま道なりに進んでいくと道志川が流れていて、キャンプ場などへ行けます。

『青根緑の休暇村 いやしの湯』紹介

こちらが『いやしの湯』の建物。施設自体は1階フロアのみなのですが、休憩所の大広間や、大浴場の天井が高くてとても開放感があります。

また施設裏にある山肌に、クレーンやブルーシートがみえる場所があります。そこが2018年10月〜2019年4月まで道志みちの一部を通行止にした崩落現場です。

今回の通行止は長かったな〜。
みみ
みみ

エントランス入ってすぐの写真。

下駄箱の鍵は自分で管理するタイプの施設です。

入場用券売機の写真。1日券と3時間券があります。今回は3時間で入場です。

また入場チケットは帰るときに受付へ渡すので、とりあえず財布に入れておきましょう。

タオルレンタル・販売

タオルはフェイスタオル200円 バスタオルは800円いずれも販売のみ受付で取り扱っていました。

 

結晶化した温泉成分が展示されている

受付を済ませて、トイレへ行こうと思って廊下を歩っていたらこんな物が!

ゆずかれ
ゆずかれ
単純温泉でもこんなに成分がこびり付くんですね。
どうやって掃除してんの。
みみ
みみ

ちなみにここの泉質はph8.7のアルカリ性単純温泉です。

すごいですね、こんなの見たら早く温泉入りたくなっちゃいます。

だが今回は飯が先でぁ!!!
みみ
みみ

休憩所の大広間

大広間の奥から受付方面を撮った写真。

施設自体そんなに大きくはないですが、休憩所のスペースは広く取られています。それでも夏休みは人でいっぱいになっちゃいますけど。

平日はご覧の通りガラガラで、左を見ると食事の注文カウンターがあります。

食事メニュー

こちらが注文カウンター

中央には無料のウォーターサーバーがあります。手前のカウンターが受け渡し口で、奥が返却口です。

こちらが商品の一例。実物はもっと美味しそうに見えますよ。

5人くらいのおばちゃん達が厨房を切り盛りしていました。

オーダーは11時からだそうで、こちらが食券機です。

食券を注文カウンターへ渡すと、このタイマーが渡されます。

てことで11時になってからキツネ蕎麦を注文。右の小皿は天かすです。5分くらいで出てきて、普通に美味しいかったですよ。久しぶにキツネ蕎麦なんて食べました。

その他自動販売機も設置してありました。

大きな窓のある休憩スペース

他にも大広間から大浴場へ向かう途中には、テーブルタイプの休憩スペースもありました。南側を向いているので暖かい日差しが入ってきます。

奥に見えるのは休暇村のコテージですね。

お土産コーナー・マッサージ機

こちらが大浴場入り口前にあるお土産コーナー。隣にある藤野町の特産品である、柚子を使ったものが多いですね。あと道志村のクレソンとかですね。

コインマッサージ機も5台くらい設置してありました。

てことでそろそろ温泉へ入ります。

大浴場

脱衣所は綺麗でもなく、汚くもなく普通でした。広さも普通です。20年前からある施設ですからね、よくここまで維持してると思います。

内風呂

出典:いやしの湯

こちらが男湯の内風呂です。ぬる湯あつ湯の2種類があって、奥の広い方がぬる湯です。今日は40℃でした。

手前の狭い方があつ湯です。今日は42℃くらいでしたね。

お湯を鼻に近づけると、ほんの少しだけ塩素臭がしました。ですが普通に入浴する分には全く気にならないレベルです。

内風呂のある浴場の雰囲気は、古い木造の体育館って感じでした。天井の構造や高さ、木の質感などが古い体育館を思わせる懐かしい感じです。天井ばかり見てしまいました。

懐かしいって言ったって、木造の体育館で授業受けたことあんの?。
みみ
みみ
ゆずかれ
ゆずかれ
ないよ?

サウナもありますが、ちょっと狭いですね。洗い場は15個ほどです。

 

露天風呂

出典:いやしの湯

こちらが露天風呂。こちらも男湯です。

高い目隠しに囲まれていて、ちょっと圧迫感はありますが、遠くに目をやれば丹沢山塊の一角をしめる焼山が見えます。

温度は42℃くらいでしょうか。今日は寒かったのでちょうど良い温度でしたね。

施設の周りには交通量の激しい道路などもないので、静かな雰囲気のなか露天風呂を楽しめますよ。

ではすっかり長湯してしまったので、ちょっと施設の周りを散策したいと思います。

道志ダム

さて施設を出て、急な坂をあがりきった『いやしの湯』の看板の所まで戻ってきました。

そこからちょっと先に見えるのが『道志ダム』です。近くまで行ってみましょう。

山道を走っているといきなり出てくる道志ダムはちょっとビビります。ダムの上を道がそのまま通っていて、ずーっとひらすら進んで行くと、国道20号線の藤野駅近くに出れます。

ダムマニアの方、いかがでしょうか。ダムカードはずっと下流にある『津久井湖記念館』で配布してるようです。

【神奈川県】ダムカードの配布について

『青根緑の休暇村 どうしの湯』まとめ

さていかがだったでしょうか。

道志川は夏になるとめちゃくちゃ人気な川遊びスポットとなるので、ご家族で川遊びをしに道志川へ訪れた際はぜひ『いやしの湯』へ立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

またハイシーズン以外は、あまり混まない穴場な温泉でもあるので、道志みち周辺をドライブ・ツーリングした帰りにフラッと立ち寄るのもオススメですよ。ただ温泉へたどり着く途中にはちょっと狭い道もあるので運転には注意です。

食事も美味しくて、どこか懐かしい大浴場の雰囲気に癒された『いやしの湯』でした。また夏に来たいと思います。

宿泊も隣の施設で可能だよ〜。
みみ
みみ

グーグルマップで表示する。